【新商品】GLOBALオリジナル手ぬぐい 発売のお知らせ

ニュース

いつもご愛顧いただきありがとうございます。

2024年5月24日(金)より、メーカー直営店(YOSHIKIN SHOP 六本木店公式オンラインストア)限定で、GLOBALオリジナル手ぬぐいを販売いたします。江戸時代創業の越後亀紺屋 藤岡染工場とのコラボレーション商品です。

形も大きさも豊富なラインアップのGLOBAL包丁のシルエットを施し、見ていて楽しめるようなデザインにしました。GLOBALのアイコンであるドット柄のハンドルも再現し、細部にまでこだわっています。

※カラーはグレーとGLOBALの化粧箱にちなんだネイビーの2種類

素材は吸水性と速乾性に優れた綿100%です。
また、注染という日本の伝統的な染色技法を用いているので布の芯まで染まっており、色あせしにくいのも特長です。 

布巾としても活用できるので、包丁と一緒にプレゼントするのもおすすめです。


【発売日】2024年5月24日(金)
【商品名】GLOBALオリジナル手ぬぐい(グレー)/(ネイビー)
【型番】 グレー:GKW-05G/ネイビー:GKW-05N
【価格】 各 ¥1,430(税込)

越後亀紺屋 藤岡染工場について

手のひらに、日本文化を。
ー手しごとに宿る「染め」のぬくもりー

江戸時代の寛延元年(1748)、初代が阿賀野市(旧水原町)で糸染めを始めたのが越後亀紺屋(かめこんや)藤岡染工場の起源です。その後、受け継いだ3代目が江戸で生地に文字や絵柄を入れて染め上げる「印染め」を学び、持ち帰ったのが現在の生業となりました。
創業から270年以上が経ち、現在は8代目。印染めを手掛けるようになった頃から「亀紺屋」の屋号で呼ばれるようになり、地域の方々に親しまれてきました。時の流れとともに、各種製造業では近代化が進みましたが、藤岡染工場では、創業以来ずっとこだわってきた「手作業による染め」のぬくもりを守り続けています。そして「手のひらに、日本文化を。」という合言葉のもと、変わらぬ価値を時代に合わせて提案しています。